ジェットスター・ジャパンの運賃はとにかく安い

遠距離恋愛でジェットスターを利用

遠距離恋愛でジェットスターを利用ポイントは運賃とサービスCAの個性豊かさもポイントたまに発着時間が遅れるのが不満

私は学生時代、遠距離恋愛をしていました。
札幌と大阪という距離だったのですが、学生の身ながらアルバイトで貯めたお金で2か月に1回くらいのペースで通っていました。
私は大学生、彼はもう社会人として働いている身でしたから、忙しい合間を縫って私と会う時間をつくってくれました。
大きな空港会社では、さすがに運賃が半端じゃないので、LCC航空会社を利用しています。
新千歳と関西空港なら、大体片道7000円以下で行けるので、よく利用しています。
関西空港を拠点とするLCC空港会社は何社かあるのですが、私は、ほとんどジェットスター・ジャパンを利用しています。

予約サイトを活用して運賃を安くできたジェットスター・ジャパンのフライト

いつもフライトを予約するときには予約サイトを利用して最も安い運賃のフライトを選んで予約しています。
予約サイトを利用すると全部の航空会社の比較を同時に行えるのが便利であり、行きたい日の到着したい時間のフライトを絞り込んで検索できるのも便利な点です。
使い慣れているサイトがあるのでそこでいつも検索していましたが、大抵の場合に候補になるのがジェットスター・ジャパンです。
LCCの中でも格別安いのが魅力なのでよく利用していましたが、あるときに別のLCCの方が安いことがありました。
珍しいこともあるものだと思って予約を取ろうとしたところでふと思い出したことがありました。
確かジェットスター・ジャパンは最低価格保証を行っていたというのを思い出し、その詳細を確認することにしたのです。

ジェットスター・ジャパンのホームページで確認すると、
他社サイトより高きときにはチャットを通して連絡するとその運賃よりも10%安くフライトを提供してくれるというものでした。
これは便利だと思ってチャットサービスを利用しようと考えましたが、
その前に沢山の条件が書いてあったのでそれを満たしているかを確認しなければなりませんでした。
片道の直行便で、特別な会員価格というわけでもなく、
比較しているジェットスター・ジャパンのフライトはStarter運賃になっていたので基本的には条件を満たすだろうと考えられました。
そのLCCでは手荷物は有料だったのでそのままの価格比較で安ければきっと保証を受けられるだろうとわかったのです。

早速チャットサービスにアクセスして予約サイトの検索結果のアドレスを送ろうと思いましたが、
念のためそのLCCのオフィシャルページでも検索をかけてチケット料金を表示させてアドレスを取得しました。
予約サイトで独自に行っているキャンペーンで値段が少し下がっている場合もあるので、それが理由ではないことも確認したのです。
このような準備をしてからチャットサービスにアクセスし、指示通りにアドレスを伝えたところ、確かに該当するものだという話になり、そのチャットを介して予約手続きを進めることができました。
そのときにバウチャーが発行されたので、それを利用して決済を行うことで安くフライトを購入するできたのです。

このようなサービスがあると知って、ますます予約サイトを使う意味があるわかったと共に、ジェットスター・ジャパンを基本的には利用しようという考え方が生まれました。
それ以降もずっと予約サイトを使って比較をしてから最安値のフライトを予約するようにしていますが、未だに同じようなケースには遭遇していません。
実は、一度だけ類似しているフライトの運賃が安いことがあってチャットサービスに連絡をしてみたのですが、そのときには該当しないとされてしまいました。
他のLCCの早朝のフライトとジェットスター・ジャパンの日中の同日のフライトを比較したときのことであり、
時刻が大きく違っていて早朝の分の割引があるはずだからという点で断られてしまったのです。
大した金額差ではなかったのでそれほど気には留めませんでしたが、そう考えると最低価格保証をしてくれるのは極めて限られたケースに限られるのだとわかりました。
ただ、該当するフライトさえ見つかれば更に安くなる可能性があるので、必死に運賃を比較してから予約をするのに意味があるでしょう。
まだ経験したことはありませんが、チケットの価格が変動している時期であれば特に最低価格保証を利用しやすいのではないかと考えています。
余裕があるときには毎日価格をチェックして、少しでも運賃を下回るチケットがないかを探してみようと計画しています。